2018/08/23

相続発生後の手続き

相続発生後の手続きの一例です。
お亡くなりになられた方のご事情によって他に手続きが必要なことがあります。

<本人の死亡>

相続の発生

死亡診断書を手配します。



<相続発生後7日以内>

死亡届・死体火葬許可証を提出します。

葬儀社を手配して、通夜や葬儀、告別式を行います。



<相続発生後5日以内>

健康保険証の返却手続きをします。

但し、国民健康保険証の場合は14日以内に行います。



<相続発生後10日以内>

厚生年金の受給停止手続きをします。

但し、国民年金の場合は14日以内に行います。



<相続発生後14日以内>

国民年金の受給停止手続きをします。

国民健康保険証、介護保険証を返却します。

世帯主の変更届を提出します。



<相続発生後速やかに>

運転免許証、身体障害者手帳等を返却します。

水道光熱費、公共料金、クレジットカード等の名義変更をします。



<相続発生後落ち着いてから>

遺言の有無を確認します(自筆証書遺言、秘密証書遺言は家庭裁判所の検認手続きをします)。

相続人、相続財産の調査をします。



<相続発生後3ヶ月以内>

ご事情に応じて相続放棄、限定承認をします。

相続放棄をするかどうか検討するため、相続財産の調査は早めにスタートされた方がいいでしょう。



<相続発生後4ヶ月以内>

亡くなられた方の準確定申告をします。



<相続発生後10ヶ月までを目途に>

遺産分割協議をして、遺産分割協議書を作成します。

亡くなった方の預貯金、証券、不動産等の名義変更をします。



<相続発生後10ヶ月以内>

相続税の申告、納付をします。

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2018 All Rights Reserved.