「 月別アーカイブ:2018年02月 」 一覧

自分の知らないところで勝手に相続登記をされることはありますか?

  2018/02/17 

原則として、不動産の登記は当事者が登記申請をしなければなりません(代理人に委任した場合を含みます)。 しかし、自分が登記申請に関与せずに自分が名義人となる相続登記をされることが …

相続した未登記建物を売るには保存登記が必要です。

  2018/02/13 

原則として、1つの不動産につき1つの登記簿が存在します。 しかし、建物については建築後に表題の登記というものを申請していなければ、当該建物に関する登記簿は存在しないということも …

亡くなった方の預貯金の有無を調べる方法

  2018/02/09 

亡くなった方が所有していた預貯金債権(以下、単に「預貯金」といいます。)は相続人が相続します。 亡くなった方と長年連れ添った方であれば、ある程度の預貯金の所在は把握しているかも …

権利証が見当たりません…。権利証がないと相続登記はできませんか?

  2018/02/07 

亡くなった方の名義となっている不動産の登記簿を、相続により当該不動産を承継した相続人名義へ変更する登記手続きのことを相続登記といいます。 相続登記には戸籍等の多くの書類を添付し …

ビデオ、DVDで作った遺言の有効性

  2018/02/05 

現代には多くの記録媒体があります。 映像と音声を記録できるDVDやビデオテープ、ビデオカメラで撮影したデータや携帯電話の撮影機能の記録データというものがあります。 映像に限らな …

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2018 All Rights Reserved.