2018/05/03

弟に、私の財産を一切相続させたくない。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

子や孫等の直系卑属、父母や祖父母等の直系尊属がいない人は、兄弟姉妹が相続人となります。

法定相続人であれば、亡くなった人(被相続人といいます)と仲が良い悪いは関係なく、被相続人の財産を相続します。

弟と仲が悪く、自分が築いた財産を弟に相続させたくない場合、何か方法はあるのでしょうか。

このページでは、兄弟姉妹に自分の財産を相続させない方法について紹介しています。

誰が相続人となるかの確認

Aさんには配偶者も子や孫等の直系卑属も、父母等の直系尊属もいませんが、何年も連絡を取っていない弟が1人います。

まず、Aさんの相続人は誰になるのでしょうか。

人が亡くなったとき、その人の財産を誰が相続するかは民法で定められています。

法律上相続人と定められている人を法定相続人といいます。

 

法定相続人

法定相続人は次のとおりです。

  • 配偶者・・・・・・妻や夫のこと。常に相続人となります。
  • 第1順位相続人・・子や孫のこと。
  • 第2順位相続人・・父母や祖父母のこと。
  • 第3順位相続人・・兄弟姉妹のこと。

第3順位相続人である兄弟姉妹は、第1順位相続人と第2順位相続人がいないときに限り、相続人となります。

 

配偶者がいなければ、弟が全財産を相続

配偶者と第3順位相続人が相続人となるときは、配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1の割合で相続財産を承継します。

配偶者がいなければ、兄弟姉妹(複数いるときは按分)が相続財産の全てを承継します。

Aさんには弟1人しか相続人がいませんので、Aさんの財産は全て弟が相続することになります。

 

兄弟姉妹に財産を相続させない方法

Aさんが弟に自分の財産を承継して欲しくないと考えたときに、何か取り得る対策はあるのでしょうか。

以下、主だったものを3つ挙げてみます

兄弟姉妹には遺留分がない

相続を考えるときに切り離せないものとして遺留分があります。

遺留分とは、法定相続人が最低限受け取ることができる相続財産のことをいいます。

遺留分は配偶者、第1順位相続人及び第2順位相続人には認められていますが、第3順位相続人には認められていません。

そのため、弟には遺留分がないことになります。この点は、大きなポイントです。

 

遺言を書く

遺言を書いておくという方法があります。

もちろん、遺言の内容は弟以外の人(法人含む)に遺贈するというものになります。

弟には遺留分がありませんので、受遺者に何も請求することができません。

なお、遺言者よりも受遺者が先に亡くなったときは、遺言者の財産を弟が相続することになりますので、予備的に受遺者を定めておくという方法もあります。

 

生前に贈与する

財産を生前に贈与するという方法もあります。

自宅や生活費としての預貯金を贈与しても大丈夫かという問題はあります。

 

誰かと養子縁組をする

誰かと養子縁組をすると、養子が第1順位相続人となるため、第3順位相続人である弟はAさんの財産を相続することができなくなります。

養子縁組時に養子に子がいる場合、Aさんより養子が先に亡くなったときは、養子の子はAさんの財産を(代襲)相続することはできません。

 

何も対策をしなかった場合、どうなるか

もしAさんが何も対策をせずに亡くなった場合、Aさんの相続財産はどうなるのでしょうか。

 

弟が相続する

本ケースでは、Aさんの法定相続人は弟だけですので、Aさんの財産は全て弟が相続することになります。

これは、Aさんが弟と10年以上連絡を取っていないことや、Aさんと弟の仲が悪くても関係はありません。

 

甥や姪が相続する

Aさんより弟が先に亡くなっているときは、弟に代わり弟の子(Aさんから見ると)が、Aさんの財産を相続することになります(代襲相続といいます)。

Aさんが亡くなったときに弟が生きていたとしても、弟が相続欠格に該当したり相続排除をされたため弟に相続権が無いようなケースでは、甥や姪が相続人となります。

なお、弟が相続放棄をした場合は、弟の子である甥や姪は相続人とはなりません。

再代襲相続はない

Aさんよりも先に弟も甥や姪も亡くなっているときは、甥や姪の子がAさんの相続人となることはありません。

そのような場合、Aさんの相続人は誰もいないということになります。

 

相続人が誰もいない場合

相続人が誰もいない場合は、一定の手続を経て、最終的には国のものとなる可能性があります。

相続人が誰もいないとは、元々誰もいない場合に加えて、法定相続人や受遺者全員が相続放棄をした場合等も含みます。

相続人がいない場合の相続財産の行方については、こちらのページをご参照ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.