2018/05/03

相続放棄をしても受け取れる生命保険金、受け取れない生命保険金

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続人が相続放棄をすると、当該相続人は最初から相続人ではなかったことになります。

生命保険は、被保険者が亡くなると受取人として指定されている人が保険金を受け取るため、保険金は相続財産の一部を構成するようにも見えます。

このページでは、相続放棄をしたときに生命保険金を受け取ることができるかどうかについて紹介しています。

相続放棄と生命保険金

相続放棄をした相続人が、生命保険金を受け取れる可能性があることを知らない人は少なくないかもしれません。

ただし、保険金が相続財産の一部となっている場合、それを受け取ってしまうと単純承認に該当してしまい、以降相続放棄をすることができなくなってしまう可能性もあります。

相続放棄を検討されている方は、「相続放棄をしても保険金は必ず受け取ることができる」と早合点しないようにご注意ください。

 

相続放棄とは

相続放棄とは、相続人が家庭裁判所にその申述をすることにより、最初から相続人ではなかったことになる手続のことをいいます。

相続放棄をすると、相続放棄をした相続人はプラスの相続財産もマイナスの相続財産も承継することができません。

 

生命保険の簡単な仕組み

生命保険の一般的な仕組みは、被保険者が亡くなると、契約者が指定した保険金受取人がその保険金を受け取るというものです。

  • 契約者・・・・・・保険会社と契約し、保険料を支払う人
  • 被保険者・・・・・保険の対象となる人
  • 保険金受取人・・・保険金を受け取る人

 

相続放棄をしても受け取れる生命保険

保険金受取人として、相続人特定の個人が指定されているときは、相続放棄をした相続人でも保険金を受け取ることができます。

この場合、保険金は相続財産ではなく、受取人個人の固有財産となるためです。

 

相続放棄をしたら受け取れない生命保険

上記と異なり、保険金受取人が被相続人自身となっているときは、相続放棄をした相続人は保険金を受け取ることができません。

この場合、保険金は相続財産の一部を構成することになるためです。

そのため、このタイプの保険金を受け取ると、相続財産を承継する意思を示したことになり、以降相続放棄をすることができなくなる可能性があります。

 

相続放棄と税

生命保険に関して発生する税金は、「契約者」「被保険者」「受取人」の関係によってその種類が異なります。

「契約者」「被保険者」が夫で、「受取人」が妻のときは、相続税が適用されます。

「契約者」「受取人」が夫で、「被保険者」が妻のときは、所得税が適用されます。

「契約者」が夫で、「被保険者」が妻、「受取人」が第三者であるときは、贈与税が適用されます。

税金の種類により、税率が異なったり各種控除があるため、心配な方は税理士に相談をされることをお勧めします。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.