2018/05/03

故人の借金を調べる方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

人が亡くなったときは、亡くなった人のプラスの財産もマイナスの財産も相続人が承継することになります。

マイナスの財産がプラスの財産よりも多いときは、相続放棄を検討することも必要かもしれません。

相続放棄は自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内(熟慮期間といいます)にする必要があるため、それまでに負債の調査を終わらせた方がいいでしょう。

このページでは、亡くなった人の負債を調査する方法について紹介しています。

借金、負債の確認方法

亡くなった人(被相続人といいます)に借金があるのかどうかは、相続人の重要な関心事です。

借金を相続するのであれば、相続人が返済していかなければなりません。

借金が多いのであれば、相続放棄を検討することになるでしょう。

借金を調査するときに、もし債権者と接触する機会があったときは、安易に債務の承認行為をしないように気を付けた方がいいかもしれません。

債務の承認と単純承認

相続人が債権者に対して、借金は今後も返済をしていきますと伝えてしまったり、返済を請求されて少しでも返済をしてしまうと、相続放棄ができなくなってしまう可能性が非常に高くなります。

さらに、もし借金の消滅時効にかかる期間が経過していたとしても、上記のような行為をしてしまうと消滅時効を主張することができなくなってしまいます。

 

信用情報機関に問い合わせをする

金融機関からの借入は、基本的にはその記録が信用情報機関に残されています。

まずは信用情報機関に問い合わせをしてみましょう。

郵送でも取得することが可能です。郵送先は、本店と異なることがありますので、各信用情報機関のサイトをご確認ください。

名称
全国銀行個人信用情報センター株式会社シー・アイ・シー株式会社日本信用情報機構
略称
KSCCICJICC
特徴
銀行系のローンやキャッシングクレジット系のローンやキャッシング消費者金融系のローンやキャッシング
連絡先
0120-540-5580570-666-4140570-055-955
本店
〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
〒160-8375
東京都新宿区西新宿一丁目23-7
新宿ファーストウエスト15階
〒101-0042
東京都千代田区神田東松下町41-1
手数料
1,000円1,000円1,000円
参考サイト
本人開示の手続き情報開示とは(自分の信用情報を確認)ご本人が亡くなっている場合の開示手続き

個人間の借金は記載されない

信用情報機関の記録には、当該機関に登録をしている金融機関から借入等をしている場合にのみ、その情報が記載されます。

ほとんどの金融機関は当該機関に登録をしていますが、個人間の貸し借りや、金融機関以外の(信用情報機関に登録していない)法人からの借入は、その情報が信用情報に記載されません。

そのため、借用証書や金銭消費貸借契約書等の書類がないと、そのような借金は判明しないときがあります。

 

通帳を確認する

借金の返済を、銀行や信用金庫等の金融機関の口座から、毎月口座引き落としや口座からの振り込みによって返済していることがあります。

通帳を確認することにより、その返済記録から借金を確認することができることもあります。

 

郵便物を確認する

被相続人が毎月定期的に借金の返済をしていたときは、亡くなったことにより返済が止まると、債権者から通知督促がくることがあります。

また毎月、今月の返済額を知らせるために定期的に郵便物が送られてくるということもあります。

そのため、債権者からの郵便物により借金を確認することができることもあります。

 

相続放棄の熟慮期間を延長する

熟慮期間中に債務の調査が終わらないときは、熟慮期間を伸長する手続をした方がいいかもしれません。

熟慮期間経過後に伸長手続をすることはできないためご注意ください。

 

借金の返済義務があるか確認をする

借金を相続するのであれば、相続人が借金を返済していくことになります。

しかし、相続財産に借金が含まれていても、その借金を返済する義務がないことがあります。

 

住宅ローンは団体信用生命保険で完済されている可能性がある

住宅ローンの債務者が亡くなったときは、当該債務者が団体信用生命保険に加入していたときは、保険金によって住宅ローンが返済(完済)されている可能性があります。

借金として住宅ローンがあることが判明したときは、返済先である金融機関に返済義務があるかどうか確認をしてみましょう。

 

消費者団体生命保険

現在は利用されるケースは多くありませんが、債務者が亡くなると保険金によって借入が返済されるという消費者団体生命保険の被保険者に、相続人がなっていることがあります。

保険金によって借入が返済されているときは、相続人が借金を返済していく必要はなくなります。

 

消滅時効の援用

債務を一定期間返済していない等の事情があるときは、消滅時効が成立している可能性があります。

消滅時効は援用することにより、借金を返済する必要がなくなります。

 

過払い金の発生

消費者金融からの借入や、カード会社のキャッシングによる借入が平成20年以前から始まっているときは、過払い金が発生している可能性があります。

過払い金が気になる方は、お近くの弁護士か司法書士に相談をしてみてください。

 

債権放棄、債務免除

債権者が債権を放棄したり、債務の履行を免除しているときは、返済しなくてもよくなります。

消滅時効や過払い金がある等の事情がない限り、単に債権放棄されることは、実際にはあまりありません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.