2018/05/03

夫が亡くなりました。0歳の子だけ相続放棄をできますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

子どもが生まれたばかりなのに、夫が他界した。

借金が多いことは分かっているため、妻も子も相続放棄をしようと思っています。

このページでは、未成年の子が相続放棄をする際の注意点について紹介しています。

未成年者と相続放棄

未成年者も、法定相続人に該当するときは、被相続人(亡くなった人のことをいいます)の財産に関する権利義務を承継します。

相続財産には、プラスのものもあればマイナスのもの(借金)もあります。

マイナスの財産が多ければ、相続放棄をするという選択を検討する必要もでてきます。

 

未成年者の相続放棄は代理人が行う

未成年者も相続放棄をすることができます。

しかし、未成年者が相続放棄の手続を自分で行うことはできません。

未成年者が相続放棄をするときは、代理人がその手続行うことになります。

妻(子の親)がいるときは、妻が子に代わり相続放棄の手続をすることが一般的です。

 

親と未成年の子が一緒に相続放棄をするとき

妻(子の親)は、自分の相続放棄をするときは、一緒に未成年の子の相続放棄手続をすることができます。

なお、次に記載のとおり自分は相続放棄をしないのに、未成年の子だけ相続放棄をするときは、妻は未成年の子の相続放棄手続をすることができません。

 

未成年の子だけが相続放棄をするとき

妻は夫の相続財産を相続するけれども、子は相続放棄をするというときは、妻は子の代理人として相続放棄の手続をすることはできません。

妻が代理人として、子の相続財産の取得分を減らすことにより、結果として自分の取得分を増やすことができてしまうからです。

これを「利益相反」関係にあるといいます。

利益相反状態にあるときは、妻は代理人となることができず、子だけが相続放棄をするときは、相続放棄手続をする特別代理人を家庭裁判所に選任してもらう必要があります。

選任された特別代理人が、法定代理人たる妻に代わり、子の相続放棄手続を行うことになります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.