2018/05/03

相続人の1人が行方不明、でも遺産分割協議をしたい

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続財産について相続人全員で話し合いをしたい。しかし、相続人の1人が連絡が取れず行方不明となってしまっている。

このような場合、行方不明者を除いた他の相続人だけで遺産分割協議をしてしまっても大丈夫なのでしょうか。

このページでは、続人に行方不明者がいるときに遺産分割協議をする方法を紹介しています。

行方不明者のいる遺産分割協議

相続人の中に行方不明者がいるときは、その生死が不明であるときも、当該行方不明者を除いて遺産分割協議をすることはできません。

相続人(法定代理人含む)全員が参加をしていない遺産分割協議は無効となります。

 

連絡を取れる方法を探す

まずは行方不明者の住所へ訪ねてみましょう。

住所がわからないときは、戸籍を遡る等により行方不明者の本籍を調べ、本籍地の市区町村役場で戸籍の附票を取得します。

戸籍の附票には、現在の住民票上の住所が記載されています。

その他に、知り合い・近所の方に聞いて回ったり、犯罪に巻き込まれた可能性があるのであれば警察に捜索を頼んでみることも考えられます。

 

不在者財産管理人の選任

行方不明者に代わり、行方不明者の財産を管理したり行方不明者に代わり遺産分割協議に参加する不在者財産管理人の選任を家庭裁判所に申し立てることができます。

なお不在者財産管理人は、その権限が不在者が相続する財産の管理や保存行為とされていますので、遺産分割協議へ参加するときは、権限外行為の許可を家庭裁判所から受ける必要があります。

 

失踪宣告の申立て

行方不明者が、行方不明になった時から7年以上経過しているときは、行方不明者につき、家庭裁判所に失踪宣告を申し立てることができます。

行方不明者が、失踪宣告を受けると、行方不明になったときから7年経過したときに法律上死亡したものとみなされることになります(普通失踪)。

この場合、行方不明者に子がいれば当該子が相続人となり、行方不明者に代わり遺産分割協議に参加することになります。

この他に、沈没した船舶の中にいた人、地震、洪水、津波など)に遭遇した人につき、1年間その生死が明らかでないときは、失踪宣告をすることができます(特別失踪)。

特別失踪においては、危難が去った時に死亡したものとみなされます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.