2018/05/03

相続人のいない相続財産の行方

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続が発生すると、亡くなった人(被相続人といいます)の財産は、法定相続人が相続します。被相続人が遺言をのこしていたのであれば、遺言の内容が優先されて相続財産が分配されます。

それでは被相続人の財産を取得する人がいない場合は、その財産はどうなるのでしょうか。

このページでは、相続人や受遺者がいない相続財産はどうなるかについて紹介しています。

相続人不存在のときの手続

法定相続人も受遺者もいないとき、被相続人の財産は次のような手続を踏み、最終的には国のものとなります。

相続財産管理人の選任、公告

法定相続人も受遺者もいないときは、利害関係者や検察官の請求により、家庭裁判所が相続財産管理人を選任します。

相続財産管理人は、被相続人の財産の管理や清算を行います。

相続財産管理人が選任されると、家庭裁判所相続財産管理人が選任された旨の公告を官報に掲載します。

相続財産の調査、管理

選任された相続財産管理人は、被相続人の財産を調査して、財産目録(相続財産の一覧表)を作成して、管理します。

債権申出の公告

相続財産管理人が選任された旨の公告から2ヶ月経過しても相続人が現れなかったときは、債権者及び受遺者に対して、2ヶ月以上の一定の期間を定めてその債権を申し出るように官報に公告をします。

加えて、既に債権者や受遺者が判明しているときは、当該債権者及び受遺者には個別に催告をします。

相続財産管理人は、届出のあった債権者や受遺者に対して弁済をします。

相続人捜索の公告

債権者等に弁済をしてもなお相続財産が残っているときは、6ヶ月以上の期間を定めて再度相続人を捜索するために官報に公告をします。

この期間を経ても申し出がなければ、相続人の不存在が確定します。

特別縁故者の請求

相続人の不存在が確定してから3ヶ月以内に、特別縁故者は相続財産の分与の請求をすることができます。

この請求は、家庭裁判所に対して行います。

家庭裁判所の審理の結果、請求が認められれば、特別縁故者は財産の分与を受けることができます。

特別縁故者とは

特別縁故者とは、次のような人のことをいいます。

  • 被相続人と生計を同じくしていた者
  • 被相続人の療養看護に努めた者
  • その他被相続人と特別の縁故があった者

国庫への帰属

上記手続きを経ても、まだ相続財産が残っているときは、当該相続財産は国庫に帰属します。

国庫に帰属するとは、国のものになるということです。

 

お世話になった人にのこしたいのであれば遺言を

上記のとおり、法定相続人受遺者でないと、基本的には相続財産を取得することができません(特別縁故者として請求できる可能性はあります)。

特別縁故者に該当するような人でも、法定相続人や受遺者がいるときは、何も請求することができません。

法定相続人ではない人(法人含む)に財産をのこすのであれば、遺言という方法があります。該当される方は、是非遺言の作成を検討してみてください。

長男の妻内縁の妻は法定相続人に該当せず、特に注意が必要です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.