2018/05/03

孫の私が、祖父の遺産を相続することはありますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

人が亡くなったときに、誰がその人の遺産を相続するかは法律で定められています。

このページでは、孫が祖父の遺産を相続することができるケースについて紹介しています。

代襲相続

人が亡くなったとき(亡くなった人を被相続人といいます)に、被相続人の子は第1順位相続人として、被相続人の遺産を相続します。

このとき、子に一定の事由が生じているときは、子の代わりにその子(被相続人の孫)が相続人となることがあります。

 

代襲相続とは

代襲相続とは、被相続人が死亡(相続の開始)よりも前に、被相続人の子が死亡している場合に、当該子の子(被相続人の孫)が代わりに相続人となるという制度のことをいいます。

(子及びその代襲者等の相続権)
民法第887条

1. 被相続人の子は、相続人となる。
2. 被相続人の子が、相続の開始以前に死亡したとき、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その相続権を失ったときは、その者の子がこれを代襲して相続人となる。ただし、被相続人の直系卑属でない者は、この限りでない。
3. 前項の規定は、代襲者が、相続の開始以前に死亡し、又は第891条の規定に該当し、若しくは廃除によって、その代襲相続権を失った場合について準用する。

 

代襲相続が発生するケース

被相続人の子が孫より先に死亡している場合以外にも、代襲相続が発生することがあります。

被相続人の子が先に死亡している

被相続人よりも、被相続人の子が先に死亡しているときは、被相続人の子の子(被相続人の孫)が相続人となることは前述のとおりです。

これに加えて、被相続人と被相続人の子が同時に死亡したときも、被相続人の孫は被相続人の遺産を代襲相続人として相続します。

被相続人の子が欠格事由に該当している

被相続人の子が生きていても、当該子が欠格事由に該当しているときは被相続人の子に代わり、孫が相続人となります。

欠格事由とは、被相続人に対する殺人や殺人未遂の罪で刑に処せられた、あるいは脅迫をして遺言を書かせた等の一定の事由をいい、欠格事由に該当する相続人は、当然に相続人としての地位を失います。

被相続人の子が相続排除されている

被相続人の子が生きていても、当該子が相続廃除されているときは被相続人の子に代わり、孫が相続人となります。

相続排除とは、相続人が被相続人に対して虐待をしたり重大な侮辱を与えたりしたときに、本人(被相続人)が家庭裁判所へ、当該相続人を相続人から排除したい旨の請求であり、家庭裁判所がそれを認めたときは、当該相続人は相続人としての地位を失います。

 

代襲相続が発生しないケース

一見代襲相続が発生しそうでも、次のようなケースでは代襲相続は発生しません。

被相続人の子が相続放棄した

被相続人の子が相続放棄をしたときは、その子(被相続人の孫)は代襲相続をしません。

相続放棄をすると、最初から相続人ではなかったことになるためです。

養子の子が養子縁組前に生まれている

被相続人と被相続人の子が養子縁組関係であっても、その子に子(被相続人の孫)がいるときは代襲相続は発生します。

例えば被相続人A(Bの養親)、Aの養子B、Bの子Cであったときに、BがAより先に死亡していればCはAの相続人となります。

ただし、AとBが養子縁組をするよりも前にCが生まれていた場合は、CはAの代襲相続人となることはできません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.