2018/05/03

相続放棄をした後に債権者から請求がきた!その時に債権者に見せるべき書類

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

亡くなられた方(被相続人といいます)に借金が多く残っていたために相続人が相続放棄をしました。

相続放棄をしてから半年後、被相続人の債権者から相続人に対して、(被相続人の)借金を請求する通知書が届きました。

相続放棄の要件を満たして手続が済んでいるのであれば、もちろん(被相続人の)借金を返済する必要はありません。

このページでは、相続放棄をした後に被相続人の債権者から督促状が届いたときに、債権者に見せる(送る)書類について紹介しています。

相続放棄とその証明書

相続放棄をすると、相続人は初めから相続人ではなかったことになります。

つまり、相続放棄をすることにより、被相続人のプラスの財産(不動産や預貯金等)もマイナスの財産(借金等)も当該相続人は承継しません。

しかし、相続放棄をしたことは周知の事実となるわけではありませんので、被相続人の債権者はその事実を知りません。

 

相続放棄をしたことを証明する

被相続人の債権者は、被相続人が亡くなったことを知るとその相続人を調べて、相続人に(被相続人の)借金の返済を請求します。もちろん、これ自体は違法でも何でもありません。

相続放棄をした相続人は、相続放棄をしたことを債権者に証明することにより、以降債権者から(被相続人の)借金の返済を請求されることはなくなります。

相続放棄をしたことを証明する書類は、次の2つです。

相続放棄申述受理通知書

相続放棄申述受理通知書とは、相続放棄の申立てが受理された際に、家庭裁判所から交付される書類です。

家庭裁判所が相続放棄を受理したことが相続放棄受理通知書から分かりますので、相続放棄受理通知書(のコピー)を債権者に見せる(送る)ことにより、債権者からの請求が止まることが多いです。

なお、相続放棄受理通知書は再発行できませんのでご注意ください。

相続放棄申述受理証明書

相続放棄申述受理証明書とは、家庭裁判所が相続放棄の申述を受理したことを証明する書類です。

債権者の中には、相続放棄受理通知書だけでは足りず、相続放棄申述受理証明書の提出を求めてくるところもあります。

相続放棄申述受理証明書は、通知書と異なり(有料ですが)何通でも取得することが可能です。

相続放棄申述受理証明書の取り方

相続放棄申述受理証明書の取り方は次のとおりです。

請求先

相続放棄の手続をした家庭裁判所です。

取得できる人

本人または本人以外の利害関係人です。

取得に必要なもの

  1. 申請用紙(家庭裁判所に用紙があります、下記サイトからDL可能)
  2. 収入印紙 150円 / 1通
  3. 切手を貼った返信用封筒(郵送の場合)
  4. 利害関係を示すもの(利害関係人が請求するとき)

http://www.courts.go.jp/osaka/saiban/l3/Vcms3_00000414.html

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.