2018/05/03

子のいない夫婦に、遺言が必要な理由

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

最近、遺言について耳にする機会が以前より増えてきています。

確かに、遺言によって亡くなられた方(被相続人といいます)の想いが実現することや、遺言があることによって相続人同士の争いを防ぐことができるかもしれません。

このページでは、子のいない夫婦に遺言が必要な理由を紹介しています。

子のいない夫婦と遺言

遺言とは

遺言とは、被相続人の最後の意思表示(メッセージ)のことをいいます。

最後の意思表示とありますが一般的に遺言は、死ぬ間際の口頭によるメッセージではなく、生きているうちに書いておく、自分が亡くなった後にその効力が発生する意思表示のことをいいます。

 

法定相続人について

人が亡くなった時に、その人の財産に関する権利義務を誰が相続するかは法律で定められています。

配偶者は常に相続人となり、被相続人に子や孫がいれば子や孫が相続人(第1順位相続人)となり、子や孫がいなければ親や祖父母が相続人(第2順位相続人)となり、子も孫も親も祖父母もいなければ兄弟姉妹が相続人(第3順位相続人)となります。

子のいない夫の相続人は妻だけではありません

長年連れ添った子どものいない夫婦は、夫が亡くなれば妻が遺産を全て相続できると誤解されているケースが少なくありません。

もちろん、第1順位から第3順位までの法定相続人が誰もいなければ配偶者だけが夫の相続人となります。

しかし、上記のとおり夫に第1順位から第3順位までの法定相続人がいるのであれば、それらの者はその順位に従い配偶者と一緒に遺産を相続します。

えてして妻と夫の兄弟姉妹は疎遠なことがある

夫(妻)の配偶者と、あなたは仲が良いでしょうか。
普段から連絡を取り合っているでしょうか。

何十年も連絡を取り合って夫(妻)の兄弟姉妹と遺産についての話し合いをすることはできますか?

不動産しか遺産がない場合は要注意

夫の遺産について、妻と、夫の弟に相続権があるとします。

それぞれの法定相続分は妻4分の3夫の弟4分の1ですので、例えば遺産が預金4,000万円だけであれば妻に3,000万円、夫の弟に1,000万円を分配すれば話が終わりそうです。

それでは遺産が自宅(4,000万円相当の価値)だけだった場合はどうでしょうか。

妻が自宅を取得するには1,000万円をキャッシュで妻の弟に支払うか、夫の弟に相続放棄をしてもらう等遺産について諦めてもらう必要があります。

あるいは、自宅につき妻が持分4分の3、夫の弟が持分4分の1の持分をそれぞれ持つこともできますが、共有者には様々な権利がありますので、夫の弟がその権利に基づき何か主張してくることは十分に考えられます。

不動産を売って1,000万円を用意してくださいという要求もあるかもしれません。

誰が相続人となるかを確認しましょう

自分が亡くなった時、自分の財産は誰が相続することになるのかは確認しておいた方が良いでしょう。

自分の遺産を、もし最愛の妻と喧嘩して何十年も連絡を取っていない弟が相続すると知っていれば、対策の取りようはあります。

 

遺言があるとこうなります

妻と、夫の弟が法定相続人だった場合、遺言に「妻が被相続人の財産を全て相続する。[/keikou]」旨の記載をしておけば、そのとおりに妻が遺産を全て相続することになります。

この場合、妻は夫の弟と遺産について話し合いをする必要がありません。

兄弟姉妹に遺留分はない

子や孫(第1順位相続人)と両親や祖父母(第2順位相続人)には遺留分というものがあります。

そのため、妻と夫の両親が相続人となるときは、遺言に「妻が被相続人の財産を全て相続する。[/keikou]」旨の記載をしたとしても、遺留分に相当する相続財産は(相続人から請求されればですが)両親が受け取ることが可能です。

しかし、兄弟姉妹には遺留分はありません。

そのため、妻と、夫の弟が法定相続人だった場合、遺言に「妻が被相続人の財産を全て相続する。」旨の記載をしておけば、まさにその文字のとおりに、妻が遺産を全て相続することになります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.