2018/05/03

死後離縁をしたら相続人の地位を失うか

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

養子縁組をした後に養親が亡くなったときは、その養子は法定相続人となります。

一方で、養子縁組をした後でもどちらかが亡くなったときは、生存当事者が離縁をすることも可能です。これを「死後離縁」といいます。

このページでは、死後離縁をしたら養子は養親の相続人としての地位も失うのかどうかを紹介しています。

死後離縁と相続権

死後離縁とは

養子縁組をしても、何か事情があるときは養子縁組を解消することができます。

養親と養子ともに生存中であれば、協議をして離縁をすることや調停・裁判によって離縁をすることが可能です。

しかし、養親または養子が亡くなった後では協議や調停を行うことはできません。

養親または養子が死亡した後でも、生存当事者が離縁を希望する場合は、家庭裁判所の許可を得て離縁することができます。これを「死後離縁」といいます。

養親または養子の死亡で養子縁組は解消されない

養親または養子のどちらか一方が亡くなったとしても、その死亡の事実によって養子縁組が解消されるわけではありません。

養子縁組を解消するのであれば死後離縁をする必要があります。

死後離縁をするには家庭裁判所の許可が必要

死後離縁をするときは、生存当事者が単独の意思表示によって養子縁組を解消することができるわけではありません。

死後離縁をするためには、家庭裁判所の許可を得る必要があります。

(協議上の離縁等)
民法第811条6項
縁組の当事者の一方が死亡した後に生存当事者が離縁をしようとするときは、家庭裁判所の許可を得て、これをすることができる。

 

離縁の効果

死後離縁に限らず、離縁をすると養子(とその親族)と養親(とその親族)の親族関係は、離縁によって終了します。

(離縁による親族関係の終了)
民法第729条
養子及びその配偶者並びに養子の直系卑属及びその配偶者と養親及びその血族との親族関係は、離縁によって終了する。

 

養子は相続人となる

被相続人のは第1順位の法定相続人です。

子とは、嫡出子や非嫡出子に限らず養子も含まれますので、養子縁組後に養親が亡くなったときは養子もその相続人となります。

逆に、養親より養子が先に死亡したときは、養子に子や孫等の第1順位相続人がいなければ、第2順位相続人として養親も養子の相続人となります。

 

養親の死亡後に死後離縁をしても、養子は相続人としての地位を失わない

養親の死亡時に養子であったものは相続人となることは前述のとおりです。

養親の死亡時に養子であったものが死後離縁をした場合、養子の相続人としての地位は失われてしまうのでしょうか。

結論から申し上げると、養親の死亡後に養子が死後離縁をしたとしても、当該養子は養親の相続人としての地位は失いません。

死後離縁をした養子も、養親の相続財産を相続します。

養子縁組を解消すると、それ以降に発生した相続では相続権はなくなる

養子が、養父と養母と養子縁組をしていたとします。

養父が亡くなった後に、養父・養母と養子が養子縁組を解消したときは、当該養子は養父の相続人ではありますが、養母の相続人とはなりません。

 

死後離縁の手続

死後離縁の手続については、こちらの記事をご参照ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.