2018/05/03

遺言書の検認申立方法は、こちら

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

自筆証書遺言と秘密証書遺言は、家庭裁判所の検認手続を経て開封しなくてはなりません。

このページでは、遺言書の検認手続を家庭裁判所へ申し立てる方法を紹介しています。

遺言書の検認を申し立てる

被相続人が亡くなった後に自筆証書遺言秘密証書遺言を見つけたら、家庭裁判所に遺言書の検認を申し立てる必要があります。

申立てをする家庭裁判所

遺言書の検認を申立てる家庭裁判所は遺言者の、最後の住所地を管轄する家庭裁判所です。

遺言者の住所が埼玉県にある場合は、住所地とそれに該当する家庭裁判所を掲載しているこちらの記事をご参照ください。郵送での申立ても可能です。

https://saitama-isansouzoku.net/archives/35

申立てをできる人

遺言書の検認を申し立てる人は次のとおりです。

  • 遺言書の保管者
  • 遺言書を発見した相続人

申立てに必要な書類

共通
  • 申立書(申立書はこちらの家庭裁判所のサイトからダウンロードできます)
  • 遺言者の出生から死亡までの一連の戸籍(除籍、改正原戸籍)謄本
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 遺言者の子やその代襲相続人で死亡している人がいるときは、その子や代襲相続人の出生から死亡までの一連の戸籍(除籍、改正原戸籍)謄本
相続人に遺言者の父母・祖父母等の直系尊属が含まれる場合
  • 遺言者の直系尊属で死亡した人がいる場合、その直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
相続人に遺言者の兄弟姉妹やその代襲相続人が含まれる場合
  • 遺言者の父母の出生から死亡までの一連の戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 遺言者の直系尊属の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 遺言者の兄弟姉妹に死亡した人がいる場合、その兄弟姉妹の出生から死亡までの一連の戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
  • 兄弟姉妹の代襲相続人が死亡している場合、その代襲相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
相続人が不存在の場合

上記「相続人に遺言者の兄弟姉妹やその代襲相続人が含まれる場合」と同様です。

相続人が配偶者のみの場合

上記「相続人に遺言者の兄弟姉妹やその代襲相続人が含まれる場合」と同様です。

戸籍の収集は結構大変

ある人の出生から死亡までの一連の戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本を集めるのは結構大変です。

1つの市区町村役場で全てを集めることができるケースはあまりなく、被相続人が各地を転籍していることが少なくないからです。

転籍する度に新しい戸籍が作成されるため、全部で1~5程度の市区町村役場に申請をすることになります。

なお、弁護士や司法書士に遺言書の検認申立てを依頼すると、戸籍の収集も代わりに行ってくれます。

申立てにかかる費用

  • 収入印紙800円分 / 遺言書1通
  • 郵便切手(管轄の家庭裁判所に要確認、千円以下)

遺言書の検認を申し立てた後

家庭裁判所に遺言書の検認を申し立てた後の大まかな流れは次のとおりです。

検認期日の通知

遺言書の検認を管轄家庭裁判所に申し立てると、申立てから数週間後に、家庭裁判所から検認期日を指定する通知が郵送されてきます。

検認期日

検認期日は、その通知が送られてきてから約1ヶ月後です。

検認日当日は、申立人は欠席することはできませんが、他の相続人が欠席したとしても検認手続は進んでいきます。

封がされている遺言は、この時まで内容が分かりません。

遺言書の交付

検認手続が済みましたら、遺言書が返却されます。

検認済申請書の申請

検認済証明の申請をします。この申請をすることにより、遺言書の末尾に「検認されたことを証明する」という証明書を付けられます。

検認済証明書が付されることにより、当該遺言書を各種相続手続きに使用できるようになります。

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.