2018/05/03

離婚した妻に相続権はあるか

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続において、法定相続人が誰であるかは重要な事項です。

亡くなられた方(被相続人といいます)の配偶者は、常に相続人となります。

このページでは、離婚した妻に相続権があるのかどうかを紹介しています。

法定相続人としての配偶者

被相続人の配偶者は、常に相続人となります。常に相続人となるとは、配偶者は被相続人に子や孫がいても、親が存命中でも、兄弟姉妹がいても相続人となります。

常に相続人とはなりますが、もちろん配偶者も相続放棄をすることは可能です。

(配偶者の相続権)
民法第890条
被相続人の配偶者は、常に相続人となる。この場合において、第887条又は前条の規定により相続人となるべき者があるときは、その者と同順位とする。

内縁の妻と相続権

法定相続人である配偶者とは、被相続人の死亡時に被相続人と婚姻関係にあったものを指しますので、いわゆる内縁の妻(夫)事実婚の相手方は法定相続人とはなりません。

 

離婚した妻

法定相続人となる配偶者とは、上記のとおり被相続人の死亡時に被相続人と婚姻関係にあったものを指しますので、既に離婚している妻は法定相続人とはなりません。

つまり、既に離婚した妻には相続権がありません。

 

前妻との子と相続権

前妻には相続権がありませんが、前妻との子には相続権があるのでしょうか。

例えば、離婚の際に子の親権を妻が持つことになったとした場合でも、子の親権を持たなかった父についての相続権を失うことはありません。

つまり、前妻との子にも相続権があることになります。

 

紛争の可能性

前妻との子と、亡くなったときの配偶者やその配偶者との子が法定相続人になったとき、遺産に関する紛争が起こるリスクが発生します。

被相続人の生前から、上記法定相続人が連絡を取り合うような仲であればまた違うのでしょうけれども、被相続人が亡くなって初めてコンタクトを取るようなケースでは、話し合いはまとまりづらいものとなる可能性があります。

 

遺言によるケア

前妻との子がいて、現在配偶者がいる人、そしてその配偶者との間に子がいる人は、相続に関する紛争が起こる可能性は低くはないと考えられます。

そのような人が相続に関する紛争リスクを少しでも下げられ得る方法として「遺言」があります。

遺留分相続人の感情に配慮した遺言を作成することにより、相続人間の争いを見なくても済むことになるかもしれません。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.