2018/05/03

相続が発生したら残高証明書で預金残高を調べよう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続が発生したときに、相続財産を把握することは相続税の支払い義務が発生するか、発生する場合はその額がいくらかどうかを調べるために必要です。

また、遺産分割協議をするときに協議の対象となる財産が確定をしていないと、公平な遺産分割協議をすることができないでしょう。

預貯金の残高を調査する方法として、残高証明書の取得があります。

このページでは、預貯金の残高証明書の取得について記載しています。

※後にも記載していますが、残高証明書を請求することにより口座名義人が死亡したことが金融機関に分かると、その口座は凍結されますのでご注意ください。

預金残高を調べる

亡くなった方(被相続人といいます。)の預貯金は相続財産ですので、相続人はその金額を把握することは相続手続きにおいて重要な事項です。

被相続人と一緒に住んでいた相続人で、被相続人の預金残高を把握しているから大丈夫と思っていても、普通預金のある金融機関を調べてみたら定期預金もあったというようなケースも少なくありません。

特定の人の預金残高を調べる方法として、残高証明書を取得することが挙げられます。
 

相続人の1人から請求

残高証明書は相続人の1人から請求することができます。

相続人が多い場合は全員から印鑑をもらうことが大変ですので、相続人の1人から請求することができる点は助かります。
 

提出する書類

残高証明書を請求する際に金融機関に提出する書類は次のとおりです。

これはあくまで一例であり、具体的に何が必要かは請求する金融機関に確認をしてください。

  • 残高証明書の発行依頼書
  • 口座名義人が亡くなったことの分かる戸籍
  • 請求者が口座名義人の相続人であることの分かる戸籍
  • 請求者の印鑑証明書

 

どの金融機関に預貯金があるか分からない

残高証明書は、請求した金融機関分(金融機関によって支店単位)しか出てきません。

みずほ銀行に対して残高証明書を請求したときに、三井住友銀行の残高証明書は出てきません。

どの金融機関に預貯金があるか分からない場合、その探し方のヒントについては次のページをご参照ください。


 

口座の凍結

残高証明書を相続人が請求するときに、口座名義人が亡くなった旨の記載のある戸籍(除籍)謄本を金融機関へ提出します。

口座名義人が亡くなったことが分かると、金融機関はその時から当該口座を凍結して預金を引き出せないようにすることになっています。

水道光熱費等、定期的に被相続人の預金口座から引き落とされている状態で口座が凍結されると、支払い(引き落とし)がされなくなってしまうため、延滞している状態になってしまいます。
 

口座凍結の解約

預金口座は凍結されても、相続人全員の協力の下、当該口座を解約して被相続人に預貯金を引き出すことが可能です。

このときに、被相続人の出生から死亡までの戸籍や相続人全員の印鑑証明書等、多くの書類を要求されることが一般的です。

この口座解約手続きは、司法書士等の専門家に依頼することもできます。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2018 All Rights Reserved.