2018/05/03

亡くなった方の預貯金の有無を調べる方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

亡くなった方が所有していた預貯金債権(以下、単に「預貯金」といいます。)は相続人が相続します。

亡くなった方と長年連れ添った方であれば、ある程度の預貯金の所在は把握しているかもしれません。

このページでは、亡くなった方の預貯金の調べ方について紹介しています。

預貯金口座の調べ方

亡くなった方の預貯金口座につき、その全てを本人以外の人が完全に把握しているケースは、夫婦を除き多くはないでしょう。

亡くなった方が生前に財産目録(財産の一覧表)を作成してくれていれば、相続人はその調査に困りませんが、そういうケースも多くはないかもしれません。

金融機関の預貯金口座の探し方として、以下の方法が考えられます。
 

遺品整理をする。

遺品整理をしているときに、金融機関の通帳キャッシュカードが見つかることがあります。

通帳やキャッシュカードがあるということは、その中身があるかどうかはともかく、現在も預貯金口座が残っている可能性が高いといえます。

これらを手掛かりに、その金融機関へ問い合わせをしてみましょう。
 

カレンダーやボールペン

遺品の中に、利用している金融機関のカレンダーやボールペン等の粗品があるときは、その金融機関を利用していた可能性があります。
 

郵便物を確認する。

預貯金口座のある金融機関から、定期的に郵便物が届くケースがあります。

郵便物が届いたのであれば、その金融機関の預貯金口座があるかもしれません。
 

パソコン、メールをチェックする。

亡くなった方のパソコンやメールを確認できるときは、ネットバンクを利用していた記録を見つけられる可能性があります。

ネットバンクからのメールが届いていたり、ログイン画面をブックマークしていたことが分かるかもしれません。

あるいは、店舗のある金融機関のオンラインサービスを利用していたことが分かるかもしれません。
 

自宅近くの金融機関に問い合わせる。

自宅近くの金融機関に直接問い合わせをしてみることも考えられます。

通帳等は紛失してしまっていて手掛かりは何もなかったけれど、自宅近くのゆうちょ銀行を利用していたというケースもあります。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2018 All Rights Reserved.