2018/05/03

一部の遺産についてだけ、遺産分割協議をする。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続税を納付するために被相続人のメインバンクだけをまずは解約したい、あるいは不動産を売却することは決まっているため売却の前提となる不動産の相続登記だけはしておきたい等を理由に、一部の相続財産についてのみ先行して遺産分割協議をしたいというニーズがあります。

遺産分割協議は一部の相続財産についてのみ行うことはできるのでしょうか。

このページでは、一部の相続財産についてのみ遺産分割協議をすることができるかどうかについて紹介しています。

遺産の一部分割

相続財産の一部につき、遺産分割協議を行うことも可能とされています。

一部についてとは、相続財産が不動産、預貯金(A銀行、B銀行)、株式、自動車とあったときに、A銀行にある預貯金についてのみ遺産分割協議をするような場合のことをいいます。

相続財産全体の分け方は決まってはいないが、相続税の納税資金として一部の金融機関の預貯金についてのみ遺産分割協議をし、遺産分割協議書を作成して被相続人の当該口座の解約手続きを進めるようなケースが考えられます。
 

遺産の全部分割をすることから考える

相続財産の一部について遺産分割協議をするよりは、当然ながら一回で相続財産の全部について遺産分割協議を終えてしまう方がいいでしょう。

しかし、諸事情により相続財産の一部について先行して遺産分割協議をするというケースもあります。

ところで、遺産分割協議書には誰が何を相続するということだけしか記載できないわけではありません。
 

約束した事があれば記載しておく

相続財産の一部分割をするときに、決め事のようなものをすることは少なくないのではないでしょうか。

自宅は長男が相続するけれども、現在調査中の金融財産については自宅の相続発生時における相続税評価額を計算の基礎として、全体として長男と次男の相続分が均等になるようにする等です。

一部分割をする際に何か決め事、約束事をしたのであれば、後でそのことを巡って争いとならないように、そのことも記録として遺産分割協議書に記載する等により残しておいた方がいいでしょう。
 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2018 All Rights Reserved.