2018/05/03

不動産の共有相続を避ける方法

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

日本における相続では、相続財産に不動産が含まれるケースは全体の約半数といわれています。

不動産はキャッシュと異なり現物を均等に切り取って分けることができません。土地を相続人が同じ面積で(分筆登記をして)分け合ったとしても、その場所・立地によって価値が異なる可能性があります。

そのため、相続財産に不動産が含まれるときは、とりあえず法定相続分で共有名義にしておこう・・・と話が終わることがありますが、不動産の共有名義は避けた方が無難です。

https://saitama-isansouzoku.net/archives/152

このページでは、不動産の共有相続を避ける方法を紹介しています。

不動産の共有を避ける方法

不動産の共有は一定のケースを除き、避けられるのであれば避けるべきと考えます。

相続において法定相続人が複数いる場合、不動産の共有を避けるには次のような方法が考えられます。

遺言の活用

不動産の名義人である被相続人(亡くなった方のことをいいます)が生前に遺言をのこしておくと、特定の相続人が単独で不動産を相続することができます。

遺留分減殺請求をされた場合や、相続人間で遺産分割協議をした場合は共有になるリスクは残ります。

それらの対策として、遺留分を考慮した遺言内容にすることや、一定期間遺産分割を禁止する遺言内容にしておくことが考えられます。

換価分割

不動産を単有にするという目的からはずれてしまいますが、不動産を売却して売却代金を法定相続分に応じて分けるという方法を換価分割といいます。

住むことや利用する予定は無い不動産だけど、とりあえず共有で所有しておこう、という状況であればこの方法をとる人も少なくありません。

代償分割

相続人のうち1名が不動産を取得する代わりに、不動産を取得した相続人が他の法定相続人にキャッシュ等で精算する方法を代償分割といいます。

不動産の価格が3,000万円、相続人が子3名(ABC)であるときに、不動産はAが相続する代わりにAがBCにそれぞれ1,000万円ずつ交付する方法です。

この方法は、Aに金銭的余裕があるか、相続財産として不動産以外に金融資産が含まれていないと行うことが難しいかもしれません。

現物分割

上記の例で、3,000万円の不動産が3つあれば、ABCがそれぞれ1つずつ相続すれば各不動産の共有は避けられます(揉めなければ)。現物のまま分割するため、これを現物分割といいます。

不動産(300㎡)は1つしかないけれども、それを100㎡ずつに分割して(分筆の登記もして)、100㎡の土地をABCが単独で保有することも可能です。

しかし、例えば道路側であるとか周辺の状況により、同じ面積であっても価格が同じになるとは限らず、また土地を小分けにすることにより小分けにする前より全体の価格が下がる可能性もあります。

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.