2018/05/03

父が亡くなる前に遺産分割協議をしておいても大丈夫?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

父が高齢であることもあり、兄弟姉妹が集まったときに父の遺産の話が出ました。

その話し合いで、遺産の分け方についておおよそ合意ができたように思います。

父の生前にしたこの話し合いは有効でしょうか。

このページでは、被相続人の生前にした遺産分割協議は有効かどうかについて紹介しています。

相続と遺産分割協議

相続が発生したら、相続財産は相続人が承継することになりますが、相続人全員の合意により相続財産の分け方を決めることができます。

この話し合いを遺産分割協議といいます。

推定相続人が(被相続人の)生前に遺産分割協議をすることができるでしょうか。

 

生前の遺産分割協議は無効

結論から申し上げると、生前に遺産分割協議を行うことはできません。

遺産分割協議は、相続発生後でないとできないとされています。

生前にした財産の分け方に関する話し合いにつき、相続発生後にその法的効力を主張することはできないということになります。

とはいえ、生前に推定相続人が合意をしていれば、相続発生後にその内容で遺産分割協議を行うことにより、相続手続きがスムーズに進むことも少なくありません。

 

相続発生後は遺産分割協議書の作成を

遺産分割協議は相続発生後に行わなければなりません。

相続発生前の話し合いの内容で、相続発生後に合意できるのであれば何の問題もありません。

相続発生後に合意(遺産分割協議)をしたことを明確にするために、遺産分割協議書は必ず作成しておきましょう。

 

遺言+相続発生前の遺留分の放棄

相続発生前は推定相続人が遺産の分け方を決めることはできませんが、本人は自身の遺産の分け方を指定することができます。

遺言死因贈与によって、(遺言者・契約者の意思に沿うのであれば)推定相続人の話し合いどおりの内容を実現することは可能です。

遺留分を侵害される相続人がいるときは、相続発生前に遺留分を放棄してもらうことにより、遺言等の内容の実現性が高まるでしょう。

なお、遺留分を相続発生前に放棄するには家庭裁判所の許可が必要です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.