2018/05/03

香典は遺産分割協議の対象になりますか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

通夜や葬式の際に香典を受け取ることが一般的です。

香典は被相続人の遺産として、遺産分割協議の内容に含める必要があるのでしょうか。

このページでは、香典が遺産分割協議の対象となるかどうかについて紹介しています。

香典と遺産分割協議

通夜や葬式に出席する人は、香典をを持っていくことが一般的です。

香典が全部で数万円程度のものであれば相続人でも気にする人は少ないとは思いますが、その金額が数十万円、数百万円となるとその行方に関心を持つ相続人もいるかもしれません。

それでは、この香典は誰のものになるのでしょうか。

 

香典は誰のものか

香典は、一般的には喪主に対する贈与とされています。

香典が誰のものかという法律上の定めはありませんが、裁判例では上記のように考えられています。

 

葬儀費用と香典の使われ方

葬儀費用の負担は、一般的には喪主が負担するものと考えられていますが、相続人の協議によって相続財産から支出するケースもあります。

「一般的には」とは、法律上葬儀費用の負担について特に定めがないためであり、裁判例では葬儀費用は喪主の負担とするとしたものがあります。

香典は、通常は葬儀費用香典返しに充てられることがほとんどです。

 

香典は遺産分割の対象となるか

香典は、喪主に対する贈与と考えられているため、被相続人の遺産には含まれず、そのため遺産分割協議の対象とはならないとされています。

 

香典が余った場合

香典を葬儀費用等に使用しても余りが残った場合、その香典の余りはどうなるでしょうか。

香典は喪主に贈与されたものと考えられていますので、喪主が取得することになりそうです。

相続人同士の関係にもよりますが、相続人間に無用な争いが起きないよう相続人で分け合うケースもあります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.