2018/05/03

死亡届の提出先はどこですか?いつまでに提出しなければなりませんか?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

人が亡くなったときは死亡届を提出する必要があります。

死亡届はいつまでに、どこに提出しなければならないのでしょうか。

このページでは、死亡届の提出先、期限、添付書類等について紹介しています。

死亡届

人が亡くなったときは、死亡届の提出が必要となります。

実際は葬儀社が代わりに行ってくれることが多いため、葬儀社に死亡届の提出を任せる人も多いとでしょう。

 

死亡届の提出先

死亡届の提出先は次のとおりです。

  • 死亡者の本籍地の市区町村役場
  • 死亡者の死亡地の市区町村役場
  • 届出人の所在地の市区町村役場

 

死亡届の提出する人

死亡届の届出人は次のとおりです。

  • 親族
  • 同居者
  • 成年後見人等
  • 家主、地主、土地・家屋の管理人
  • 病院長等

 

死亡届の提出期限

死亡届の提出期限は、亡くなった人がどこで亡くなったのかによって異なります。

日本国内で亡くなったとき

被相続人が日本国内で亡くなったときは、死亡の事実を知ったときから7日以内に死亡届を提出する必要があります。

外国で亡くなったとき

被相続人が外国で亡くなったときは、死亡の事実を知ったときから3ヶ月以内に死亡届を提出する必要があります。

死亡届の期限に間に合わなかったとき

正当な理由なく届出が期限に遅れてしまったときは、5万円以下の過料の対象となります。

 

死亡届の添付書類

死亡届と一緒に、医師の診断書あるいは死体検案書を提出します。

届出人の印鑑を押印して提出をします。

 

死亡の旨が戸籍に反映されるまでの期間

死亡届を提出してからそれが戸籍に反映されるまでの期間は、自治体によって異なりますが、目安としては提出から1週間~2週間程度のようです。

 

火葬許可証を受け取る

死亡届が受理されると、火葬許可証が発行されます。

この書類は、火葬のために必要となりますので受け取っておきましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.