2018/01/08

相続放棄をした後、相続財産はどうすればよいか

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続放棄の手続きは済んだけれど、相続財産は手元にある。

被相続人と生計を共にされていた相続人の場合、上記のような状況はあり得ます。

このページでは、相続放棄をした後の相続財産の管理について紹介しています。

相続放棄をするとどうなるか

相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続について、相続放棄をすることができます(民法第915条1項)。

これは3ヶ月の期間内であっても、一度相続を承認してしまうと以降相続放棄をすることができなくなってしまいます。

相続放棄の効果は、相続の放棄をした者が、その相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされるというものです(民法第939条)。

被相続人に借金が多いケースや、被相続人の相続について関りを持ちたくないようなケースでは相続放棄が選択されることがあります。

 

相続放棄と相続人の地位

相続放棄をすると、初めから相続人ではなかったとみなされるため、相続財産を承継することができません。

この場合、被相続人の財産は誰が相続することになるのかというと、同順位の相続人がいれば同順位の相続人が、同順位の相続人が他にいなければ(元々いない場合だけでなく、同順位の相続人全員が相続放棄をした場合も同様)後順位の相続人が相続をします。

例えば、子の全員が相続放棄をしたときは親が相続人となり、親が既に他界しているのであれば兄弟姉妹が相続人となります。

 

法定単純承認にご注意

一度相続を承認すると、以降相続放棄をすることができなくなるのは上記のとおりです。

そして、一定の行為をするとお相続を承認したとみなされることがあります。

これを法定単純承認といいます(民法第921条)。

例えば、相続財産で相続人自身の借入を返済したとか、相続財産である不動産を売却したようなケースが考えられます。

相続放棄をする前も、相続放棄をした後も、相続財産を勝手に使う等はしないようにしましょう。

 

相続放棄後の相続財産の管理

相続放棄をした後の相続財産は、誰がどのように管理をするのでしょうか。

大きな誤解として、相続放棄をしたのだから自分は全く関係ない、管理をする義務もないだろう、というものがあります。

確かに、相続放棄をすれば初めから相続人ではなかったことになるため、相続財産を管理する義務がないように見えますが、実はあります。

 

相続財産の管理義務

実は相続放棄をした後でも、相続放棄をした相続人は、次の相続人に引き渡すまで、自分の財産を管理するのと同じくらいの注意をもって相続財産を管理しなければなりません(民法第940条1項)。

民法第940条1項
(相続の放棄をした者による管理)

相続の放棄をした者は、その放棄によって相続人となった者が相続財産の管理を始めることができるまで、自己の財産におけるのと同一の注意をもって、その財産の管理を継続しなければならない。

 

財産の管理と法定単純承認

自分の財産を管理するのと同一の注意をしながら管理をしていくことになりますが、法定単純承認に該当する行為との関係では、一般的には保存行為と呼ばれている行為であれば行っても問題はありません。

相続財産である土地に生えている木の枝が隣地へはみ出している場合は切らなければならないかもしれません。

また、相続財産である自動車が自宅ではなく月額制の駐車場に置かれているのであれば管理費用が嵩んでしまうので、移動するか処分(自動車の価値が少しでもあるときは単純承認行為に該当する可能性があります)する必要があるかもしれません。

相続財産を管理するときは、法定単純承認に該当する行為をしないように注意が必要です。

 

相続人が誰もいなくなってしまった場合

それでは相続放棄をした結果、相続人が誰もいなくなってしまったときは、いつまでも相続財産を管理し続けなければならないのでしょうか。

相続人が誰もいないときは、利害関係人は家庭裁判所へ相続財産管理人の選任を申し立てることができます(民法第952条1項)。

ただし、ケースによって相続財産管理人の選任には数十万円~100万円近くの予納金が発生します。

詳細な手続きについては、ここでは割愛します。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.