2018/05/03

公正証書遺言の原本?正本?謄本?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

遺言を書こうと思う方のうち、公正証書遺言は選択する人は増えています。

公正証書遺言は1通作成されますが、実は公正証書遺言の原本は遺言者が受け取ることができません。

このページでは、公正証書遺言の原本、正本、謄本の違いについて説明しています。

公正証書遺言の原本・正本・謄本

公正証書遺言を公証役場で作成すると、遺言者は正本謄本を受け取ることができます。

公証人、遺言者、証人2名が署名捺印をした公正証書遺言の原本は、公証役場に保管されることになります。

 

公正証書遺言の原本とは

公正証書遺言の原本(以下、単に原本といいます)とは、公証役場で公証人、遺言者、証人がそれぞれ署名捺印をした遺言そのものです。

原本はそのまま公証役場に保管されることになるため、遺言者が持ち帰ることはできません。

また、原本は遺言者が閲覧をすることができます。

 

公正証書遺言の正本とは

公正証書遺言の正本(以下、単に正本といいます)とは、原本と同じ内容のもので、押印者の押印は省略されています。

正本には公証人により、正本である旨の記載がされています。

 

公正証書遺言の謄本とは

公正証書遺言の謄本(以下、単に謄本といいます)とは、原本のコピーです。

遺言者(遺言者死亡後は相続人等)は、謄本を再度請求することが可能です。

謄本は再発行が可能

謄本は原本のコピーですので、原本のある限り(保管されている限り)再度請求することが可能です。

相続手続きのため公正証書遺言が必要なときは、原本のある公証役場で謄本を請求することにより、遺言による相続手続きを行うことができます。

謄本の再発行を請求できる人

遺言者の生きているうちは、謄本を請求できる人は遺言者本人だけです。

代理人によることもできます。

遺言者の死亡後は、相続人受遺者等の利害関係人が謄本の請求をすることができます。

こちらも、代理人によることができます。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.