2018/05/03

孫としても子としても相続する人の相続分

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続人としての地位が重なった場合、その相続分はどうなるのでしょうか。

例えば、祖父が孫と養子縁組をしているときにそれは起こり得ます。

このページでは、相続人の地位が重なったときの法定相続分について紹介しています。

相続人の地位の重複

人が亡くなったときに誰が被相続人の財産を相続するのかは民法に定められています。

一つの相続において、相続人の地位が一人の人に複数生じることがあります。

そしてそれは、養子縁組をすることによって生じ得ます。

 

子としての地位と孫としての地位

被相続人が死亡したときに、同一人物が子及び孫として2つの地位で相続人となることがあります。

祖父と孫が養子縁組をして、かつ養子の親(祖父の子)が祖父より先に亡くなり、代襲相続をするようなケースです。

この場合、養子としての地位と、祖父の実子(養子の親)の代襲相続人としての地位の2つの地位で相続人となります。

法定相続分はそれぞれの地位の分をもらえる

養子と代襲相続人としての両方の地位で相続をする相続人は、それぞれの地位の相続分を取得します。

つまり相続人が養子であり代襲相続人のAの他に、被相続人に子が2名いるときは、Aの法定相続分は4分の1(養子分)+4分の1(代襲相続人分)の合計4分の2となります。

 

子としての地位と兄弟姉妹としての地位

例は少ないかもしれませんが、兄弟姉妹同士が養子縁組をしたときはどうなるでしょうか。

例えば、兄が妹を養子縁組にするケースです。

兄に第一順位相続人(子や孫)、第二順位相続人(父母、祖父母)がいないときは、兄弟姉妹が相続人となりますが、養子としての地位(第一順位相続人)は妹としての地位(第三順位相続人)より優先されるため、養子としての相続分しか妹にはありません。

 

普通養子縁組の養親と養子

1つの相続で2つの相続人としての地位とは異なりますが、普通養子縁組の養子は実親と養親の両方の相続人となります。

また、普通養子縁組の養親も同様に実子と養子の両方の(第二順位)相続人となります。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.