2018/05/03

亡くなった父の債権者から郵便物が届きました。無視しても大丈夫?

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

父が亡くなって半年が経ちました。

そんな折、父の債権者と思われる会社から郵便物が自宅に届きました。

このページでは、被相続人の債権者から届いた郵便物を放置するリスクについて紹介しています。

相続と借金

被相続にの借金も相続人が承継します。

債権者(お金を貸している人)が債務者(お金を借りている人)の返済が滞ると郵便等により催告をしてくることがあります。

また、相続が発生したことを知ると、相続人が誰かを調べて督促状を送ってくることがあります。

送られてきた書類や相続人の状況によって対応は異なってくるのですが、共通して言えることは債権者からの郵便物は絶対に放置・無視しないようにしましょう

 

既に相続放棄をしている場合

既に相続放棄をしている人は、相続放棄受理通知書(または相続放棄受理証明書)を債権者に提示しましょう。

普通、相続放棄をしたことを証明すれば、それ以上請求されることはありません。

 

相続放棄をしていない場合

相続放棄をしていない人は、とりあえず郵便物を開封して内容を確認しましょう。

放置・無視してもいいことはありません。

銀行等の口座引き落とし等で支払っていない場合、被相続人の死亡時に返済が止まっており一括請求をされることもありますが、次項の返済義務の有無の確認後、債権者と連絡を取ると分割払いに応じてくれることも少なくありません。

返済義務の有無の確認

被相続人の借金の返済義務があるのかを確認します。

債務者が被相続人であることの確認はもちろんのこと、消滅時効が成立していないかどうか、過払い金があるかどうかもチェック事項となります。

債務を承認すると次のようなことが生じますので、債務の承認はしっかりと確認した後にするようにしましょう。

なお、債務の承認とは借金があることを認めたり、払う意思を債権者に示したり、1円でも実際に返済する等のような行為をいいます。

債務の承認は単純承認に該当

債務を承認すると、それは単純承認に該当するため熟慮期間中であっても相続放棄をすることができなくなってしまいます。

相続放棄をする予定であれば、債権者が連絡がきたときは相続放棄をする予定であることを伝えるだけにとどめ、債務の承認はしないようにします。

債務の承認をすると消滅時効の援用ができなくなります

債権の種類によって異なりますが、消費者金融等から個人が借入をしたときは、最後に返済をしたときから5年間経過しているときは消滅時効を援用することができるかもしれません。

判決等により債務名義を取られているときは、その期間は10年となります。

消滅時効は援用することにより返済義務が無くなります。

 

裁判所からの書類の場合

裁判所からの書類の場合、それに対応しなくてはなりません。

相手に対して主張すること(相続放棄や消滅時効の援用等)があれば、法廷で行わないと判決等の債務名義を取られてしまい、債権者は一定の手続の後に自宅や給与の一部の差押えも可能となります。

ご自身で裁判手続や債権者との交渉が難しい場合は、弁護士や司法書士(金額が140万円以下の場合)に相談・依頼をした方が無難です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.