2018/01/13

相続放棄をするときに必要な書類一覧

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

相続人が、亡くなった人(以下、被相続人といいます)のプラスの財産もマイナスの財産も一切相続したくないときは、相続放棄という手続をとることができます。

相続放棄は、相続人が相続放棄申述書とその添付書類を家庭裁判所に提出する方法によって行います。

このページでは、相続放棄をするときに相続放棄申述書と一緒に提出する書類を紹介しています。

相続放棄に必要な書類

相続放棄をするときに用意する書類は次のとおりです。

  1. 相続放棄申述書
  2. 被相続人の戸籍
  3. 被相続人の住民票または戸籍の附票
  4. 申述人の戸籍
  5. 収入印紙800円
  6. 郵便切手

 

1. 相続放棄申述書

相続放棄申述書は下記サイトからダウンロードすることができます。

http://www.courts.go.jp/saitama/saiban/tetuzuki/souzokuhouki_sinjutu/

記載例を参考にボールペンで記入し、収入印紙800円の貼付、申述人が押印(認印可)をして家庭裁判所に提出します。

 

2. 被相続人の戸籍

被相続人が死亡していることを裁判所が確認するために、被相続人の死亡の旨の記載のある戸籍(除籍)謄本を1通用意します。

戸籍の取得場所

被相続人の戸籍(除籍)謄本は、被相続人の本籍地にある市区町村役場で取得することができます。

戸籍は郵送で取得することも可能ですので、郵送での取得に必要な書類等は各市区町村役場にご確認ください。

 

3. 被相続人の住民票の除票または戸籍の附票

被相続人の最後の住所地を裁判所が確認するために、被相続人の死亡日以降に取得した被相続人の住民票の除票または戸籍の附票を1通用意します。どちらか1通で構いません。

住民票の除票または戸籍の附票の取得場所

被相続人の住民票の除票は、被相続人の住所の登録のあった市区町村役場で取得することができ、戸籍の附票は、被相続人の本籍地にある市区町村役場で取得することができます。
戸籍と同様、郵送での取得も可能です。

被相続人の本籍地と住所地が異なるときは、戸籍の附票であれば上記「2. 被相続人の戸籍」と同じ市区町村役場で一緒に取得することができます。

 

4. 申述人の戸籍

相続放棄をする人の戸籍で、被相続人が死亡した後の日付のものを用意します。

被相続人と申述人が同一戸籍内であるときは、被相続人の死亡の旨が記載されている戸籍に申述人の記載があれば、その1通で「2. 被相続人の戸籍」と「4. 申述人の戸籍」を兼ねることができ、同じものを2通用意する必要はありません

戸籍の取得場所

申述人の戸籍謄本は、申述人の本籍地にある市区町村役場で取得することができます。

戸籍は郵送で取得することも可能ですので、郵送での取得に必要な書類等は各市区町村役場にご確認ください。

代襲相続の場合

被相続人の子が既に死亡しており、子の代わりに被相続人の孫が相続人となるときは、申述人の戸籍に加えて、被代襲者(被相続人の子)の死亡の旨が記載されている戸籍(除籍)謄本が1通必要となります。

父母が相続人となる場合

被相続人の子や孫が相続人とならず、父母が相続人となるときは、申述人の戸籍に加えて、被相続人が生まれてから死亡するまでの一連の戸籍(除籍)謄本が各1通必要となります。

子はいるが子が相続放棄したことにより父母が相続人となったときに必要となる書類は家庭裁判所にご確認ください。

兄弟姉妹が相続人となる場合

被相続人の子や親が相続人とならず、兄弟姉妹が相続人となるときは、申述人の戸籍に加えて、被相続人が生まれてから死亡するまでの一連の戸籍(除籍)謄本及び親の死亡の旨が記載されている戸籍(除籍)謄本が各1通必要となります。

子や親はいるが子や親が相続放棄したことにより兄弟姉妹が相続人となったときに必要となる書類は家庭裁判所にご確認ください。

 

5. 収入印紙800円

収入印紙800円分を相続放棄申述書に貼付します。

合計額が800円であればOKですので、200円×4枚でも400円×2枚でも、300円×2+200円×1でも問題ありません。

収入印紙には申述人が消印をしないようにしましょう。

収入印紙の購入場所

収入印紙は、郵便局やコンビニエンスストア(収入印紙を取り扱っている店舗に限ります)等で購入することができます。

平日忙しくて収入印紙を用意することができない方でも、土日祝日に窓口の開いている郵便局であれば確実に買うことができます。

 

6. 郵便切手460円/1人

郵便切手を、相続放棄をする申述人1人につき460円(内訳:82円5枚、10円5枚)必要です。

収入印紙と異なり、郵便切手は上記内訳どおりに購入してください。

なお、郵便切手は申述書に貼付する必要はありません。

 

準備が整ったら相続放棄申述書を提出へ

相続放棄をするのに必要な書類が揃ったら、申述書を記入して管轄家庭裁判所に提出しましょう。

相続放棄申述書の提出先については、次のページをご参照ください。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.