2018/05/03

養子は養親の財産も、実親の財産も相続する。ただし…

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら

子は親の法定相続人です。

それでは養子は養親の法定相続人となるのでしょうか。

加えて、養子には養親と実親の両方が存在することがあります。

このページでは、養子が養親の財産と実親の財産を相続するのかどうかについて紹介しています。

養子の相続権

養子縁組をすると、養子は養親の法定相続人となります。

また、実子と養子で法定相続分に差はありませんので、養親の相続人が実子1名、養子1名であるときは、それぞれの法定相続分は2分の1ずつです。

もちろん、実子同様に養子にも遺留分があります。

養子が実親の財産に対する相続権があるかどうかは、養子縁組の種類が普通養子縁組特別養子縁組かによって異なります。

 

普通養子縁組の場合

養子縁組とは、法律上親子関係のない者同士を、法律上親子関係があるものとする制度のことをいいます。

養子縁組には普通養子縁組と特別養子縁組の2種類がありますが、普通養子縁組の場合、養子が養親との親子関係を作ったあとも、実親との親子関係も存続することになります。

養親の財産を相続する

普通養子縁組をした養子は養親の財産を第1順位相続人として相続します。

養親に実子がいるときも、実子との法定相続分の差はありません。

実親の財産も相続する

普通養子縁組をした養子は、実親の財産に対する相続権があります。

普通養子縁組をした養子には、養親の財産に対する相続権も、実親の財産に対する相続権もあるということになります。

なお、実親に養子に行った子の他に実子がいるときも、養子に行った子と当該実子の法定相続分に差はありません。

 

特別養子縁組の場合

養子縁組とは、法律上親子関係のない者同士を、法律上親子関係があるものとする制度のことをいいます。

特別養子縁組の場合、養子は実親との関係を解消することになり、それは戸籍上にも反映されることになります。

養親の財産を相続する

特別養子縁組をした養子は養親の財産を第1順位相続人として相続します。

養親に実子がいるときも、実子との法定相続分の差はありません。

実親の財産は相続しない

特別養子縁組をした養子には、実親の財産に対する相続権はありません。

この点が、普通養子縁組をした養子と大きく異なる点です。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
石川宗徳
埼玉県をこよなく愛する司法書士・相続診断士。汐留司法書士事務所代表。一般社団法人さいたま幸せ相続相談センター相談員。
得意分野は会社法と相続。会社の相続もご相談ください。
趣味はフットサル(走れない)と将棋(弱い)
好きな食べ物は牡蠣とワッフル(セブン&アイ)
東武動物公園に稀に出没する。
詳しいプロフィールはこちら
 

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2017 All Rights Reserved.