「備える」を前提の社会へ

相続のご相談は早ければ早いほど、
取れる手段が多いことをご存知ですか?

このブログの運営者紹介

相続手続きの流れを知ろう


無料相談、お問い合わせはこちらから

相続対策として、生命保険信託という選択肢を知っておく

  2018/04/26 

家族信託という言葉を、相続に関わる専門家の間ではよく聞くようになりました。 家族信託は、あくまで信託の一種の呼び方で、信託は色々なものに応用することが可能です。 一部の生命保険 …

清算型遺贈をするなら遺言執行者の選任をした方がいい理由

  2018/04/15 

遺言による遺産の分配方法の一つに、清算型遺贈という方法があります。 清算型遺贈をするときは、遺言執行者の有無によって相続人の負担が大きく変わります。 相続人の負担はどのように変 …

全く面識のない人が共同相続人となることもあります。

  2018/04/12 

人が亡くなったときに、誰がその遺産を相続するのかは民法で定められています。 この、民法で定められている遺産を承継する人のことを法定相続人といいます。 相続人は一般的には家族や親 …

認知症になった父が家族信託を利用することはできますか?

  2018/04/05 

近年、家族信託という仕組みに注目が集まっています。 確かに遺言や成年後見等、他の制度では行うことができないことを家族信託では行うことができますので、特定の条件・場面においては使 …

平成30年4月1日以降に相続登記をするときに必要な固定資産評価証明書

  2018/04/01 

相続登記をするときは、固定資産評価証明書を申請書に添付します。 この固定資産評価証明書は、いつ取得したものでも使えるわけではなく、相続登記に使用するためにはその取得時期が決めら …

相続が発生したら残高証明書で預金残高を調べよう。

  2018/03/17 

相続が発生したときに、相続財産を把握することは相続税の支払い義務が発生するか、発生する場合はその額がいくらかどうかを調べるために必要です。 また、遺産分割協議をするときに協議の …

父親名義の不動産を、息子が売却することはできますか?

  2018/03/01 

父親が名義人となっている不動産を子が売りたいというケースがあります。 これは父親が生きている時であっても、亡くなった後でもそのようなニーズが少なくありません。 父親名義の不動産 …

自分の知らないところで勝手に相続登記をされることはありますか?

  2018/02/17 

原則として、不動産の登記は当事者が登記申請をしなければなりません(代理人に委任した場合を含みます)。 しかし、自分が登記申請に関与せずに自分が名義人となる相続登記をされることが …

相続した未登記建物を売るには保存登記が必要です。

  2018/02/13 

原則として、1つの不動産につき1つの登記簿が存在します。 しかし、建物については建築後に表題の登記というものを申請していなければ、当該建物に関する登記簿は存在しないということも …

亡くなった方の預貯金の有無を調べる方法

  2018/02/09 

亡くなった方が所有していた預貯金債権(以下、単に「預貯金」といいます。)は相続人が相続します。 亡くなった方と長年連れ添った方であれば、ある程度の預貯金の所在は把握しているかも …

Copyright© さいたま遺産相続相談.net , 2018 All Rights Reserved.